高性能なフロントガラス

 

高性能なフロントガラス

自動車に使われているフロントガラスもどんどん進化しているのですが、どのように進化しているのかわからないという人も多いと思います。よく知られているのはガラスの強化や耐久性のアップなどですが、これだけではありません。車に乗っていて夏場の暑いときや太陽光が強いときにまともに光を浴びてしまうと、顔が日焼けしてしまうから嫌だと考えている人もいます。最近は男性でも日焼けを気にする人が多いですし、女性であればなおさらでしょう。太陽光を防ぐためには、カラーフィルムを貼るという方法がよく知られているのですが、カラーフィルムは視界を狭くしてしまいますし、昼間であればまだしも夜間はかなり見えにくくなってしまうのです。そのため、運転時に危険を伴うため、最近では問題視されています。しかし、最近の高性能フロントガラスは、視界が狭くならず、見通しが悪くならずに太陽光を防ぐことができるのです。このようなフロントガラスはカラード・フロントガラスと呼ばれています。自動車のフロントガラスをこのカラード・フロントガラスに交換することで、車内にいる人を紫外線から守ることができるのです。


(関連情報)UVカット・熱反射に優れた断熱フロントガラス


カラード・フロントガラスの構造

カラード・フロントガラスはなぜ有害な紫外線から人を守ることができる上に、カラーフィルムのように周りが見えにくくならないのでしょうか。それは構造に秘密があるのですが、カラード・フロントガラスというのは普通のガラスとは構造が異なっているのです。どのように異なっているのかというと、カラード・フロントガラスというのは、太陽光を反射することができるシートを用いているのです。このシートをどのように用いているのかというと、シートをガラスによって挟み込みます。ようするに表と裏には一般的なフロントガラスを使用して、その間にシートをサンドするようになっています。このシートは金属製の特殊シートになっていて、大半の紫外線を防ぐことができるのです。しかも紫外線というのは人体に有害というだけではなく、車の部品の劣化を早めてしまいます。このような紫外線を防ぐだけではなく、断熱効果も期待できるのです。よく炎天下に車を置いておくと、とてつもなく車内が熱くなっていることがあるでしょう。しかし、カラード・フロントガラスを用いることによって断熱でき、冷暖房を効きやすくなるだけではなく燃費も節約できるのです。現在ではこのカラード・フロントガラスを用いる車が徐々に増え続けており、今後もどんどん増えていくことが予想されます。


 
コンテンツ